kitinaの手抜きで美味しい料理ブログ

オット(食に拘りがある)と、五猫と暮らし正社員で働く私が、帰宅後お猫様のお世話をしつつチャチャっと作る時短で手抜きな夕ご飯をご紹介します

今日の晩御飯 おかずが多すぎた日

今日の晩御飯メニュー

・小さなアジフライ

ブロッコリーの唐揚げ

青椒肉絲

しらすおろし

・ツナと白菜とスプラウトのサラダ

・数日前のおかずの残り

しじみのお味噌汁

 

2023年12月7日の今朝、会社の最寄り駅で、その駅を経由して出勤するオットを別れ駅のホームを歩いていたら、壁側で苦しそうにしている女性がいました。


ホームの人並みにに流され、その横を通過してしまいましたが、やはり気になって、踵を返しその女性のもとに駆け寄り、
「大丈夫ですか?」

と声をかけました。


背後から、男性が

「今そこの(駅構内の)コンビニで駅員さん呼んでもらったから」

と、声を掛けてくれて、通り過ぎていきました。


30代後半くらいのその女性は、駅のコンコースに黄色い液体を少し吐いてしまっており、肩で息をしながら、
「すみません、すみません」 

と繰り返し少し取り乱し気味です。
私は自分のタオルハンカチを取り出し、
「使ってください」

と彼女の手に握らせました。

(あ、たまたま新品でした。母が地元のバザーで10円で買ったよ!といいながらくれたやつ)


彼女はハンカチを口元に当て、涙をポロポロこぼしながら、
「電車の中で急に気持ち悪くなっちゃって。朝何も食べなかったから液体を吐いちゃって…駅を汚してしまいました…どうしよう」

と。

 

おお、これは私の会社の話がお役に立つ場面だ。と思い、

「私は某鉄道会社の駅構内の清掃をする会社の社員です。こういうときは、それをお掃除する専門のスタッフと専用の道具があるから、気にしなくていいんですよ」

と声を掛けました。


「お辛かったでしょう。駅員さんがきたら、駅の救護室で少しお休みさせてもらってくださいね」

と言いながらしばらく彼女の肩をさすっていたら、コンビニから、店員さんが出てきて、

「今駅員さんがきます!」

と教えてくれました。


それを聞いて彼女が、

「もうひとりで大丈夫です」

というので、
あまり長く付き添っているのもご負担になると思い、
「ではお気をつけて、あまり無理をしないでね」

とその場を離れました。


都会は駅構内で急に具合が悪くなってしまう人が多いです。
車内は早朝から満員。睡眠不足で人ごみの中を移動するわけですから。


数年前にはエスカレータを登りきったところで倒れているスーツの若い男性を、みんなが素通りしていくなかで、一人で肩を組んで起こし、
「お兄さん、お疲れなんでしょう。ベンチで少し座ってお休みになったら?」
とベンチまで運んでいる間に駅員さんが来てくれました。


今どきは、駅員さんに知らせはするものの、情勢的に、自分から手を貸すことは憚られるのかもしれませんね。


私はおせっかいなので、すぐに手を貸し出してしまうのですが・・・(笑)


今朝の女性が無事にお仕事にいくか、お仕事を休んで身体を労わることができていますように。

 

今日は冷蔵庫の中身を考えながら帰ってきたら、おかずを作りすぎました。

小アジは3枚におろし、アジフライにしましたが、身が小さくなってしまいました…

f:id:kitina:20231207210418j:image

 

緑黄色野菜が食べたかったので、ピーマンたっぷりの青椒肉絲

f:id:kitina:20231207210453j:image

 

そしてこちらは、リュウジさんのYouTubeで見た、ブロッコリーの唐揚げ。

f:id:kitina:20231207210533j:image

youtu.be

 

あと細々したおかずをのせて、

食卓はこちら。

f:id:kitina:20231207210650j:image

 

みなさん、いつもお疲れですよね。

師走ですし、お忙しいでしょう。

でも、心身を痛めないようにご自愛くださいね!

 

ごちそうさまでした♪

 

今日の★評価(満点は★5)
おいしさ度★★★★★
小アジよ!おろしにくいよ!度★★★★★